振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害額が過去最悪のペースで増えている中、観音寺署などはこのほど、香川県観音寺市坂本町の市共同福祉施設で「かんおんじ市民大学」の受講生向けに防犯教室を開き、寸劇で被害に遭わない心構えを説いた。

 教室には約80人が参加した。県警安全・安心まちづくり教育隊は「振り込め詐欺トリ物帳」と題する寸劇を披露し、(1)自分だけは大丈夫とタカをくくらない(2)電話の話をウのみにしない(3)お金の話が出たら詐欺カモと疑え―などと語り、ユーモアたっぷりに注意点を説明した。