香川県観音寺市内の民家で、水道局の委託業者をかたる男の訪問が相次いでいることが15日、分かった。同市水道局は「事前の依頼や了承がない限り、水道局が訪問による水質検査などを行うことはない」と注意を呼び掛けている。

 同市水道局や観音寺署によると、11日午前、同市の観音寺町と八幡町の民家に、20〜30代ぐらいの男が訪れ、住人に「水道局の委託を受けて水道水にゴミが入っていないか調査に来た」と言って、室内に上がり込んだ。男は台所の蛇口をひねり、「汚れていますね」と話し立ち去ったという。

 不審に思った住人が翌12日に、同市水道局に問い合わせて発覚。住人の一人は「近所の家にも来た」と話しており、男の訪問先は少なくとも3軒に上るという。同署は同一人物とみて調べているほか、情報提供を呼び掛けている。