警察官をかたり、振り込め詐欺事件などの捜査を装って銀行口座の残金などを聞き出そうとする不審電話が、香川県内で相次いでいることが4日、分かった。いずれも被害はなかった。県警が詐欺未遂容疑で捜査している。

 県警によると、不審電話を受けたのは高松、さぬき両市内の80代の女性2人。いずれも2日午前、警察官を名乗る男から自宅に電話があり、「振り込め詐欺や泥棒被害に遭ったことはありますか」「あなたの口座に200万円が振り込まれている。通帳を確認して」などと話したという。

 2人は不審に思ってすぐに電話を切り、家族と相談するなどして県警に通報した。

 県警捜査2課は「警察官が一方的に通帳の内容を確認することはない。不審に思ったら、すぐに通報を」と注意を呼び掛けている。