横井署長から感謝状などを受け取る森沢支店長(右)=香川県高松市多肥上町、高松南署

横井署長から感謝状などを受け取る森沢支店長(右)=香川県高松市多肥上町、高松南署

 振り込め詐欺被害を未然に防いだとして、高松市防犯協会(会長・大西市長)と高松南署(横井宗雄署長)は16日、高松市岡本町の香川銀行岡本支店(森沢勝巳支店長)を表彰した。

 同署によると、11月19日午後1時ごろ、同支店窓口に80代女性が来店。メモだけを持ち、未公開株購入の保証金名目で100万円を入金しようとしたため、不審に思った女性行員(24)が手続きを中止。森沢支店長(45)らが約2時間女性を説得して振り込みをやめさせ、同署に通報して被害を防いだ。

 同市多肥上町の同署であった贈呈式で、横井署長が感謝状を贈呈。受け取った森沢支店長は、「日ごろから声掛けを意識していたので、防げてよかった。今後も、高齢者を中心に積極的に話し掛けるようにしたい」と話した。