犬のおまわりさん、児童の登校見守る 東かがわ

2017/04/21 09:22

 

登校する児童を見守る「犬のおまわりさん」のメンバーら=東かがわ市三本松

登校する児童を見守る「犬のおまわりさん」のメンバーら=東かがわ市三本松

 東かがわ署(橋本敏弘署長)と愛犬家らでつくる防犯ボランティア団体「犬のおまわりさん」(新居直子会長)は20日、東かがわ市三本松の三本松小学校周辺で登校時の児童の見守り活動を行った。

 犬のおまわりさんは、NPO法人日本社会福祉愛犬協会(東京)が2004年から全国に呼び掛けている活動で、同市では15年3月に創設。現在は約40人のメンバーが、朝夕の愛犬の散歩時間を活用し、登下校する児童生徒の見守りなど地域の安心安全のために目を光らせている。

 この日、署員と愛犬を連れた犬のおまわりさんのメンバー約15人は一緒に同校近くの交差点に立ち、「おはよう」などと声を掛けながら、登校中の児童たちの安全に注意を払った。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459