天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

内閣府特命大臣表彰 子育てネットひまわり(高松のNPO)に 母親相談や食堂…多彩な企画評価

2018/11/22 09:36

表彰状を贈られる有沢代表理事(右)=東京・永田町、内閣府
表彰状を贈られる有沢代表理事(右)=東京・永田町、内閣府

子育てネットひまわりの「自由あそび」の時間に遊具で遊ぶ子どもたち(提供)
子育てネットひまわりの「自由あそび」の時間に遊具で遊ぶ子どもたち(提供)

 子どもや若者、子育て家族の支援に功績のあった団体・個人を顕彰する内閣府の「子供と家族・若者応援団表彰」の表彰式が21日、東京・永田町の内閣府であり、2018年度の内閣府特命担当大臣表彰に、高松市のNPO法人「子育てネットひまわり」(有沢陽子代表理事)が選ばれた。育児中の母親のサポートや父親の子育てへのアドバイス、子ども食堂など地域のニーズに合った多角的な企画に取り組んでいることが高く評価された。

 同応援団表彰は10年度に創設。子供・若者育成支援部門、子育て・家族支援部門の2部門で内閣総理大臣表彰と内閣府特命担当大臣表彰があり、本年度は計20団体が受賞した。

 子育てネットひまわりは05年に発足。「子育ては地域福祉の一つ」という考えに基づき、育児に悩む母親をサポートする相談事業を行ったり、母親同士の仲間づくりと子どもの自由遊びの場を設けたりしている。育児中の母親を対象にした活動のほかにも、中学生と赤ちゃんの触れ合い教室、子育てをする父親へのサポート、子ども食堂など地域のさまざまなニーズに目を向けた取り組みを展開している。

 表彰式では、内閣府の河内隆事務次官が「いろいろな角度から、子育てや若者支援などの活動をしていることに感謝したい」とあいさつし、受賞者一人一人に表彰状を手渡した。有沢代表理事は「小規模だけど、みんながほしいと思う活動をこれまで続けてきた。引き続き頑張っていく」と話していた。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.