天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

親子の触れ合い実践 観音寺で乳児ケア教室 曲に合わせ優しくタッチ

2018/10/31 09:29

赤ちゃんとのスキンシップを楽しむ母親ら=観音寺市大野原町、ほっとはうす萩
赤ちゃんとのスキンシップを楽しむ母親ら=観音寺市大野原町、ほっとはうす萩

 スキンシップの大切さを実感―。両親が乳児と触れ合う教室「タッチケア&わらべうた」が観音寺市大野原町の子育て支援センター「ほっとはうす萩」で開かれた。参加した母親や父親は赤ちゃんと目を合わせて語り掛けながら、優しくマッサージするなどして絆を深めた。

 子どもの健やかな成長につなげてもらい、子育て中のお母さんらの仲間の輪を広げようと、観音寺市愛育会(中西久美子会長)が24日に開催。生後6カ月ぐらいまでの乳児と保護者23人が訪れた。

 教室では、元保育所長の乾昌代さん(63)がサポーターとなって指導。参加者はバスタオルに包まれた赤ちゃんを前に「てるてる坊主」などの曲に合わせ、子どもの名前を口にしながら見つめ合い、優しく頭や腕をなでるなどボディータッチ。乾さんは「赤ちゃんと密着し、心を通わせて一心同体になって。自身も幸せを感じるホルモンが分泌しますよ」とスキンシップの大切さを呼び掛けた。

 その後も、うつぶせで背中をさすったり、抱き上げてリズムに合わせるように揺らしたりするなど、さまざまな動きを取り入れていくと、親子の間でますます笑顔が広がっていた。

 夫妻でタッチケアに取り組んだ同市坂本町の吉田めぐみさん(28)は「いつも以上に子どもが笑う様子に感動した。自分もリラックスできたし、貴重な時間を過ごすことができた」と話していた。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.