天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

高松移住へ魅力アピール 市と商議所が東京で交流会 生活不安を解消へ

2018/06/24 09:43

高松への移住について、大西市長を交えて座談会で話し合う参加者=東京・京橋
高松への移住について、大西市長を交えて座談会で話し合う参加者=東京・京橋

 首都圏在住者の高松市への移住・定住を促進しようと、市と高松商工会議所は23日、東京・京橋で市の魅力を伝える首都圏交流会を開催した。自然や子育て環境の充実など地域の魅力をアピールしたほか、大西市長も交えて、労働環境や住宅事情などの不安について座談会形式で話し合った。

 同交流会は、昨年に続いて2回目。移住に関心のある都内などに住む20〜40代の約40人が参加した。

 大西市長が冒頭、美しい瀬戸内海やコンパクトにまとまっている市街地、里山も近くにある環境の素晴らしさをアピールした上で「文化や芸術、スポーツなどにも力を入れている。まちの魅力を詳しく知ってほしい」とあいさつした。

 昨年5月に発足した「たかまつ移住応援隊」のメンバー3人が「香川には全国トップクラスの産業がたくさんあり、求人倍率も高い。事業を興すにも人と人とのつながりがすぐにできるところが魅力」「子育て世代への支援が手厚く、安心して暮らせる」など、自身が移住して感じたことを参加者に伝えた。

 座談会では▽保育所に空きはあるのか▽島暮らしを考えているが、入居できる物件は▽事業を立ち上げる際の支援は充実しているか―などの意見が出た。

 都内在住の40代男性は「将来的な親の介護のことも考えると、早めの移住も選択肢の一つ。今の仕事とのバランスを考えている」と話していた。(東京支社)

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.