天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

古民家でゆったり かめびし、民泊施設に活用 引田観光の拠点に

2018/05/02 09:33

かめびしが古民家を活用してオープンした「かめびし邸」=東かがわ市引田
かめびしが古民家を活用してオープンした「かめびし邸」=東かがわ市引田

歴史を感じさせる和の雰囲気が売りの「かめびし邸」の室内
歴史を感じさせる和の雰囲気が売りの「かめびし邸」の室内

 東かがわ市引田の老舗醤油(しょうゆ)醸造元「かめびし」は同社の近くで空き家となっていた古民家を活用し、一棟貸しの民泊施設「かめびし邸」をオープンした。外国人観光客を主なターゲットに、市内での滞在型、体験型観光を売り込みたい考えだ。

 築100年ほどの木造2階建ての空き家を購入してリフォームした。歴史を感じさせる柱や壁などを生かしつつ、耐震性を確保。18棟全てが登録有形文化財になっている同社の工場や蔵などとも雰囲気が合うようにしつらえた。

 1753年の創業から伝統の「むしろ麹(こうじ)製法」を全国で唯一守り続けている同社は、醤油の新たな可能性を探ろうと、さまざまな商品を開発。2015年には中庭にピザ釜を新設して人気を集めているほか、醤油蔵の見学や醤油作り、ピザ作りの体験も開き、常に新たな分野に挑戦し続けている。岡田佳織社長は「引田には魅力のある観光スポットが多い。ここを拠点にして、ゆっくりと時間をかけて引田を満喫してもらいたい」と民泊参入への思いを語る。

 現在2階部分は整備中のため、当面は1階の2LDKで対応する。最大6人まで宿泊可能で、料金は4人までは一律2万円(5人目以降は1人当たり5千円を追加)。風呂やトイレ、無料公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」を完備。地元色豊かな朝食付きで、昼夕食についても相談に応じる。宿泊者に引田の自然や静かな雰囲気を満喫してもらおうと、あえてテレビは置いていない。

 予約、問い合わせはかめびし〈0879(33)2555)。民泊仲介サイト最大手の米エアビーアンドビーからも予約できる。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.