天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

元気いっぱい口上披露 こども木戸芸者、児童が挑戦 金丸座

2018/04/17 09:23

こども木戸芸者に挑戦し、元気いっぱいの口上を披露する児童たち=琴平町、金丸座
こども木戸芸者に挑戦し、元気いっぱいの口上を披露する児童たち=琴平町、金丸座

 琴平町の日本最古の芝居小屋・旧金毘羅大芝居(金丸座)で公演中の第34回四国こんぴら歌舞伎大芝居を盛り上げようと、地元の琴平小学校(岩崎保雄校長)の児童が16日、「こども木戸芸者」に挑戦した。元気いっぱいの口上を披露し、観劇に訪れていた多くの歌舞伎ファンから歓声や拍手を浴びた。

 木戸芸者は、江戸時代の芝居小屋などで出演者や演目などを知らせた客の呼び込み役。町内の児童は地域活動への参加を目的に、2011年からこども木戸芸者に取り組んでいる。

 この日は午前10時の開場前に、法被を羽織った6年生21人が登場。金丸座の正面に並び、「とざい、とーざーい(東西)。われらこんぴら若人衆」と威勢の良い掛け声で来場者を引き付け、襲名披露公演の八代目中村芝翫(しかん)さんら人気役者や演目を紹介した。口上役が携帯電話やカメラの使用禁止などの注意事項を伝えると、あおり役が内容に合わせた寸劇を演じて笑いを誘った。

 口上役を務めた前谷光玲(みれい)さん(11)と辻白琥斗(はくと)君(11)は「とても緊張したけど、うまくお客さんに伝わったと思う。皆さんにもっと金丸座を知ってもらいたい」と笑顔を見せた。

 公演は22日まで午前、午後の2部制で行われる。問い合わせは同大芝居事務局〈0877(73)3846〉。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.