天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

待機児童5万5000人 昨年10月時点 7700人増、3年連続 香川は377人

2018/04/12 11:06

 厚生労働省は11日、希望しても認可保育所などに入れない待機児童数が、2017年10月1日時点で5万5433人だったと発表した。前年同期比で7695人増えた。増加は3年連続。

 17年4月1日時点は2万6081人。保育施設への入所は基本的に春だが、その後も育児休業明けの保護者らから申し込みが続くため、秋時点の待機児童数は大幅に増える傾向にある。

 以前の厚労省の定義では、保護者が育休中の場合は待機児童としてカウントされなかったが、17年4月からは集計に含めるよう見直された。厚労省担当者は「多くの自治体が新しい数え方に変更したことで、特に0歳児の待機児童が大幅に増えた」と説明している。

 年齢別の待機児童数は、0歳児の2万8805人が最多で全体の半数超を占め、1〜2歳児も2万3480人に上った。3歳児以上は3148人で、前年同期比で400人減っていた。

 都道府県別では、1万2千人超の東京が最も多く、富山、石川、山梨の3県ではゼロだった。

 香川は前年同期比142人減の377人だった。大半を占める高松市で保育施設の整備が進み、ほぼ半減したことが主な要因。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.