天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

地域の課題解決するには… 大学生、事業プラン競う 東かがわでコンテスト

2018/03/22 10:11

課題解決に向けて取り組んだ活動成果を聞き、活性化のヒントを探るシンポジウムの参加者=東かがわ市湊、市交流プラザ
課題解決に向けて取り組んだ活動成果を聞き、活性化のヒントを探るシンポジウムの参加者=東かがわ市湊、市交流プラザ

 学生の目線から地域の課題解決につながるビジネスプランを考案するコンテスト「BIZ CAMP(ビズキャンプ)」(同実行委主催)が東かがわ市で開かれており、21日は同市湊の市交流プラザで最終プレゼンテーションがあった。遊休地を活用した観光客誘致策や特産パセリの新製品の提案など、学生たちは3泊4日の合宿で練り上げた東かがわならではの事業プランを発表した。

 ビズキャンプは、学生にビジネススキルを培ってもらうことに加え、地元企業の新規事業や投資機会の創出を目指すのが狙い。東京のIT会社などの協力を得て実施しており、東かがわ市では4回目の開催。今年は東北から沖縄までの24人が参加した。

 市の特性や特産品を生かして、課題を解決するようなビジネスプランを考えるのが課題で、学生たちはキャンプの期間中、市内の農家や企業を訪れて市の現状や課題を把握し、3人ずつの8班に分かれて、事業プランを練り上げた。

 最終プレゼンでは藤井市長や地元企業の経営者らが審査。最高点を獲得したグループは、丘陵地にある遊休地を活用し、「グランピング」と呼ばれる豪華なキャンプを楽しめる施設を整備するプランを提案。関西圏から最も近いグランピング施設として多くの利用者が見込めるほか、市の豊かな自然や地元食材のPRにもつながるなどと訴えた。

 大阪市立大2年の尾※大輔さん(20)は「課題解決をビジネスにつなげる難しさを痛感した。将来は故郷の高知で地方創生に関わりたいので、この経験を生かせると思う」と語った。

※は崎の大が立の下の横棒なし

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.