天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

海ごみゼロ、バスで訴え 高松 デザインの園児が出発式

2018/02/15 09:38

子どもたちの海の絵がデザインされた海ごみ啓発バスに乗り込む園児とウミゴミラ=高松市城東町、城東保育園
子どもたちの海の絵がデザインされた海ごみ啓発バスに乗り込む園児とウミゴミラ=高松市城東町、城東保育園

 ごみのない美しい里海を思いながら、保育園児が描いた海の絵を車体にデザインした海ごみ啓発バス(路線バス)が14日、高松市内で運行を始めた。県民に広く海ごみ問題に関心を持ってもらおうと、県が初めて企画。3月15日まで、ことでんバスの御厩線、屋島大橋線、川島線、朝日町線を走り、きれいな海への協力を呼び掛ける。

 車体のデザインは、城東保育園(同市城東町)を昨年卒園した約30人が手掛けた魚や海藻、サンゴなどの絵を基に制作され、カラフルで目を引くボディーに仕上がっている。

 同日、同園で出発式があり、園児約75人が出席したほか、県の海ごみキャラクター「ウミゴミラ」も駆け付けた。園児らはバスに乗り込み、窓からの景色などを楽しんだ後、声を合わせて「出発」と号令し、笑顔でバスを見送った。

 式に参加した中川紗里ちゃん(6)は「絵のようにごみのないきれいな海になってほしい」と語り、絵を描いた園児の担任だった西岡鮎美さん(38)は「子どもたちにとって海は楽しい場所。美しい海を取り戻すため、バスの絵が見る人の心に届いてくれることを願っている」と話していた。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.