天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

冬の夜空“桜”満開 多度津 ランタン1600個、幻想的に

2018/02/13 09:24

らんたんで園内を桜色に染めた「たどつ桜んたんページェント」=多度津町桃山、県立桃陵公園
らんたんで園内を桜色に染めた「たどつ桜んたんページェント」=多度津町桃山、県立桃陵公園

一斉に舞い上がったスカイランタン。冬の夜空を幻想的に彩った=多度津町本通、金剛禅総本山少林寺境内
一斉に舞い上がったスカイランタン。冬の夜空を幻想的に彩った=多度津町本通、金剛禅総本山少林寺境内

 冬の夜空に桜満開−。多度津町に新たな冬の魅力を届けようと、ランタンを使ったイベント「たどつ桜んたんページェント」が11日、同町桃山の県立桃陵公園で開かれた。町花・町木の桜の名所で知られる同公園一帯を、桜をイメージしたピンク色がメインのランタン1600個で幻想的に彩り、大勢の家族連れらが笑顔の花を咲かせた。

 町の官民連携組織「まねきねこ課」を中心とした町タウンプロモーション事業推進プロジェクト実行委(鈴木尉継委員長)が、四季を通じて多度津を楽しんでもらおうと企画。交流人口の拡大や移住・定住の促進を目指し、昨春から本格的に準備を進めてきた。

 ランタンは発光ダイオード(LED)を和紙などで囲ったもの。ピンク色や白色をした大小の球体900個を木につるしたほか、円柱形の400個を通路に置き、すり鉢状の園内を立体的に装飾した。

 桜色に染まった園内で、来場者はブラスバンド「三田村管打団?」の演奏に耳を傾けながら、飲食や雑貨などのマルシェを満喫。小さいランタンを作るワークショップもあり、思い思いに仕上げて手に持って散策する家族連れらもいた。

 メインは午後8時から隣の金剛禅総本山少林寺境内で行われた風船入りの「スカイランタン」。ひもを付けたオレンジ色の200個が一斉に夜空に舞い上がると、来場者は歓声を上げて写真に収めていた。

 園内のランタンを見て、多度津小4年の国富優華さん(10)は「桜が咲いているのかと思った。一足早く春が来た感じで、心が温まる」と笑顔。スカイランタンを写真に収めた徳島市の大沢典子さん(51)は「インスタ映えしそうと思って来た。きれいな星空にランタンが溶け込んで幻想的だった」と話していた。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.