天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

ソフトバレーで親睦 東かがわで大会 13府県380人参加

2018/02/11 09:30

声を掛け合いながらボールをつなぎ、熱戦を繰り広げる選手たち=東かがわ市西村、とらまるてぶくろ体育館
声を掛け合いながらボールをつなぎ、熱戦を繰り広げる選手たち=東かがわ市西村、とらまるてぶくろ体育館

 全国のソフトバレーボール愛好家が集う交流大会が10日、東かがわ市西村のとらまるてぶくろ体育館で始まった。県内外から約380人の選手が参加し、コートで熱戦を繰り広げるとともに親睦を深めた。11日まで。

 大会は「全国交流ソフトバレーとらまるフェスティバル」と銘打ち、今年で24回目。県ソフトバレーボールとらまる会(伊藤良隆会長)の主管で1995年に四国大会として始まり、第7回から全国規模に拡大した。40歳以上が対象。今年は北陸地方の大雪で欠場となったチームも一部あったが、県内をはじめ、福井や愛知、京都など13府県から計62チームが出場した。

 初日は年齢別に4部門に分かれて予選リーグなどを実施。試合はそれぞれ男女混合の4人制で争われ、選手は声を掛け合いながら懸命にボールをつなぎ、力強いアタックやブロックが決まると、スタンドの観客も一緒になって喜んでいた。

 11日は各部門の決勝リーグやアトラクションなどが行われる。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.