天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

結成50年、情感豊かな舞 現代舞踊研究会「土曜族」が公演 高松

2018/01/14 09:51

「いわざらこざら」を上演するメンバーら=高松市国分寺町、高松国分寺ホール
「いわざらこざら」を上演するメンバーら=高松市国分寺町、高松国分寺ホール

 県内のモダンダンス愛好家でつくる現代舞踊研究会「土曜族」(森ゆかり代表)が13日、高松市国分寺町の高松国分寺ホールで結成50周年記念公演を開いた。香川のため池にまつわる伝説「いわざらこざら」をモチーフに創作した舞踊を上演。情感豊かな舞で来場者を魅了した。

 土曜族は1965年に香川大モダンダンス部のOGを中心に結成。毎週土曜に高松市内で練習しており、現在は教員や保育士、中学生ら約20人が所属している。

 記念公演は7年ぶりとなる主催公演として開催。「いわざらこざら」はため池の堤防決壊に悩んだ人々がお告げに従って少女を人柱にした物語で、同会が94年に初演。公演では、手作りの衣装をまとったダンサーが登場人物の感情を繊細に表現した舞を繰り広げ、物語を紡いだ。

 メンバーが指導する香川短大ダンスゼミ・ダンス部や、一宮キッズダンスなどのメンバーが出演したプログラムもあり、世代を超えたステージでモダンダンスの魅力を伝えた。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.