天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

「いのちの応援舎」総理大臣表彰 子育て・家族支援部門

2017/12/27 09:38

いのちの応援舎での子育て世代と高齢者との交流会(資料)
いのちの応援舎での子育て世代と高齢者との交流会(資料)

 高松市のNPO法人「いのちの応援舎」(山本隆夫理事長)が2017年度の内閣府の「子供と家族・若者応援団表彰」で内閣総理大臣表彰に輝いた。

 同表彰は子ども・若者の育成支援や子育て支援の活動に功績のあった団体・個人を顕彰するため、10年度に創設。関係府省や各都道府県などから推薦のあった候補者の中から、選考委員会の審査を踏まえ決定している。

 子供・若者育成支援部門と子育て・家族支援部門の2部門で、それぞれ内閣総理大臣表彰と内閣府特命担当大臣表彰がある。今回は全国で計20団体が受賞した。

 子育て・家族支援部門で内閣総理大臣表彰に選ばれた、いのちの応援舎は05年に設立。助産院や高齢者のデイサービス、小規模保育所などの機能を備えた福祉施設として、妊娠期から高齢者まで幅広い視点での取り組みや、助産師が中高生などに命の大切さを伝える「いのちの出前講座」などの活動が評価された。

 山本理事長は「大勢の人の支援があってここまで活動を続けてこられた。長年の取り組みが認められ、本当にうれしい。これからも継続した活動を行っていきたい」と喜びを語った。

 このほか、高松市の「森のようちえん お山歩隊」(代表者・湊千恵さん)が、「子供と家族・若者応援団活動事例紹介事業(チャイルド・ユースサポート章)」に選ばれた。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.