天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

「戌」の置物作りピーク 高松の福祉事業所 「誠実で元気ある年に」

2017/12/08 09:19

仕上げのワックスがけに取り組む施設利用者=高松市勅使町、あゆみ園
仕上げのワックスがけに取り組む施設利用者=高松市勅使町、あゆみ園

 高松市勅使町の障害福祉サービス事業所あゆみ園(高尾早苗管理者)で、来年の干支(えと)の置物作りがピークを迎えている。製作を始めて干支が3巡目に入る今年は、新たなデザインの「戌(いぬ)」が登場。新年の“縁起物”を心待ちにしている市民らにいち早く届けようと、利用者は仕上げのワックスがけに励んでいる。

 同園では1993年から毎年、多度津町在住の彫刻家・速水史朗さんから提供された原型を基に干支の置物を製作。昨年までの頭部をかたどったシリーズが完結し、今年からは愛らしい表情をたたえた新デザインに。高さ約10センチで、「誠実で、元気がある良い年になるように」との願いが込められている。

 製作は9月から本格的に開始。現在は石こうの型枠に瓦粘土を流し込んで焼き上げた置物を一つ一つ丁寧に磨き上げている。

 約500個を製作予定。1個3千円(さをり織りの敷物付き)で販売。問い合わせは同園〈087(866)0111〉。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.