天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

サイバー攻撃対処法を学ぶ 育樹祭控え県警で訓練

2017/10/14 09:13

サイバー攻撃の予防方法や被害の拡大防止策について学ぶ参加者=県警本部
サイバー攻撃の予防方法や被害の拡大防止策について学ぶ参加者=県警本部

 11月19日にまんのう町で開かれる「第41回全国育樹祭」を前に、情報漏えいやシステム障害を引き起こすサイバー攻撃に対処する訓練が13日、県警本部であった。参加者はウイルス感染の予防対策や、仮に感染しても被害を最小限に食い止められる方法を学んだ。

 県内の公共交通や情報通信など重要なインフラを担う事業者や県警などから計約60人のほか、育樹祭の関係者も参加した。竹林栄一警備部長は「サイバー攻撃は県民の生活に大きく影響する。事業者や個人のセキュリティー意識の向上が必要だ」とあいさつした。

 訓練では、サイバーセキュリティーの専門家で、富士通の関連会社の野田孝浩さんが指導した。野田さんは、長年更新していないコンピューター上のシステムやアプリケーションがサイバー攻撃の対象になりやすいと強調。また、近年、被害が急増しているウイルスにコンピューターが感染して使えなくなる様子を実際に見せながら、対処方法などをアドバイスした。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.