天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

糖度「申し分なし」 さぬきでワイン仕込み

2017/08/12 09:28

破砕機に投入されるデラウエア=さぬき市小田、さぬきワイナリー
破砕機に投入されるデラウエア=さぬき市小田、さぬきワイナリー

 さぬき市小田のワイン工場「さぬきワイナリー」で11日、本年度産のワインの仕込み作業が始まった。初日は白ワインの仕込みを行い、従業員が入荷したばかりのブドウから果汁を搾り出す作業に取り組んだ。

 この日は多度津町産のデラウエア約8トンが入荷。破砕機で枝を切り離した実を回転プレス機で搾り、果汁をタンクに移すなどの作業を繰り返した。今後は、酵母菌を加えてアルコール度数11度ほどになるまで発酵させた後、不純物を取り除いてから瓶詰めする。

 竹中剛工場長は今年のデラウエアについて、「収穫量、糖度ともに申し分ない。酸と糖のバランスも良く、例年以上に味わい深いワインになると期待できそうだ」と話していた。

 本年度産の新酒の白ワインは、720ミリリットル入り換算で1千本を製造し、10月20日に販売する予定。同ワイナリーではランブルスコ種や香大農R―1など県産のブドウ品種を使った仕込みが10月初旬まで続く。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.