天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

世界一の狭さ間近に 「小豆島クルーズ」土渕海峡など運航

2017/07/23 10:02

「世界一狭い海峡」として知られる土渕海峡を船で通過するクルーズ参加者=土庄町
「世界一狭い海峡」として知られる土渕海峡を船で通過するクルーズ参加者=土庄町

 土庄港(土庄町)を発着点に、町内の観光名所を船で巡る「小豆島クルーズ」が22日、始まった。初日は2便を運航し、島内外から訪れた計12人が乗船。「世界一狭い海峡」としてギネス世界記録に認定されている土渕海峡や、干潮時にだけ砂の道が現れるエンジェルロードを海の上から楽しんだ。

 土渕海峡は最大幅400メートル、最小幅9・93メートル。1997年版のギネスブックに掲載されて20年の節目となるのに合わせ、新たな魅力の発信につなげようと、町が初めて企画した。

 第1便の乗客は、ライフジャケットを身に着けて観光船「ギネスII」(総トン数1トン、船長含め定員8人)に乗船。三枝町長がたたくドラの音を合図に桟橋を離れた。船がゆったりと進む中、乗客は土渕海峡をまたぐ永代橋の下をくぐって“世界一”を間近に感じるなど、約45分間のクルーズを満喫していた。

 開催期間は、当初予定の8月10日までと同18〜27日のほか、お盆の同11〜15日も追加した。ダイヤは日替わりで、1日1〜4便を運航する予定。町によると、7月中や8月の土日に予約で満席の便も出ている。

 乗船無料だが保険料300円が必要。対象年齢は5歳以上。予約、問い合わせは専用ダイヤル〈090(1325)3286〉=平日午前9時〜午後5時=。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.