天気予報を見る
 
新聞購読申込
香川ニュースTOP > 記事詳細

アイガモさん頑張って 東かがわ、園児が農法見学

2017/05/19 09:29

アイガモに餌をやる子どもたち=東かがわ市西山
アイガモに餌をやる子どもたち=東かがわ市西山

 東かがわ市西山の水田でアイガモを使ったコメ作りが行われており、近くの幼保一体化施設「福栄やまびこ園」(鎌田邦子園長)の子どもたちは18日、水田を訪れ、「ピーピー」と鳴きながら田んぼを泳ぐ子ガモの群れを見守った。

 アイガモ農法は、藤本アキ子さん(83)が1994年から取り組んでいる。アイガモが雑草や害虫を食べるため、除草剤や殺虫剤を使わずに栽培できる上、ふんなどが肥料となり、甘みと粘りのあるコメができるという。今年は53羽が計約30アールの水田で、穂が出始める7月中旬まで“農作業”に当たる。

 この日は生後1週間ほどの子ガモが初めて水田に放たれる様子を、3〜5歳児12人が見学。害虫や雑草をついばむ姿に「かわいい」「おいでおいで」と大はしゃぎしていた。藤本さんは「子どもが喜んでくれるのが励みになる。今年も安心安全でおいしいお米を作りたい」と語った。

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.