天気予報を見る
 
香川ニュースTOP > 香川ニュース > 地方一覧 > 記事詳細
 
 

21年ぶり太鼓台新調−坂出東梶自治会

2006/05/06 17:10

新調した豪華絢爛な太鼓台をかきあげる東梶自治会のメンバー=坂出市林田町、総倉神社
新調した豪華絢爛な太鼓台をかきあげる東梶自治会のメンバー=坂出市林田町、総倉神社

 香川県坂出市林田町の東梶自治会(高木和俊会長、二百九十世帯)が二十一年ぶりに太鼓台を新調し、五日、同所の総倉神社で入魂式を行った。金糸で縫い上げた豪華絢爛(けんらん)な幕に加え、総ヒノキ造りの迫力ある「祭りの顔」の登場を地元住民らは大きな歓声で迎えた。

 同自治会の太鼓台は、老朽化が進んでいたため東梶獅子舞保存会の呼び掛けで三年がかりで新調を計画。地元の縫い師、川口芳博さんの協力で四国内でも随一の立派な太鼓台が完成した。

 新しい太鼓台は、高さ五・二メートル、全長十・八メートル、横幅が三・四メートルで総重量は一・六トン。太鼓台の四方の幕には計八頭の雌雄の登り竜が金糸で施され、通常二枚の屋根を七枚重ねで仕上げるなど、圧倒的な力強さが伝わってくる。

 入魂式には、地元住民ほか県内外から計約六百人が参加。神事の後に担ぎ初めを行った。太鼓台に乗った旗手の「ソーリャ、エイヤーエイヤー、ヨイヤーサッサノサー」の勇ましい掛け声に合わせ、百六十人の担ぎ手が高々と差し上げると、新緑の中、真新しい金色の太鼓台が鮮やかに輝いた。

 七月二十二、二十三の両日、八坂神社(同市林田町)の夏祭りでデビューを迎える。

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.