天気予報を見る
 
香川ニュースTOP > 香川ニュース > 教育一覧 > 記事詳細
 
 

香川丸、1次航海から帰港/多度津高実習船

2011/11/11 09:01

渡辺校長に航海終了の報告を行う実習生=多度津港
渡辺校長に航海終了の報告を行う実習生=多度津港

 多度津高校(香川県多度津町、渡辺晋二校長)の実習船・香川丸(谷井尚人船長、499トン)が10日、第1次航海から多度津港に帰港した。68日間の航海を終えて一回り成長した実習生たちは、家族らの出迎えに笑顔を見せていた。

 第1次航海には、海洋技術科航海技術コースの2年生15人と専攻科1年生2人、指導教官ら計38人が参加。9月4日に同港から出航した。ハワイ沖で25回のマグロはえ縄漁業実習を行い、メバチマグロやキハダマグロなど13・3トンを水揚げした。

 帰港式には保護者や同級生ら約50人が参加。渡辺校長は「海上で思う存分学習し、たくましくなった皆さんの姿を見てうれしく思う」とあいさつ。実習生を代表し、2年の朝比和士君が「航海で学んだことをこれからの学校生活で生かしたい」と誓った。

 海洋技術科機関コースの2年生らが参加する第2次航海は、来年1月に実施する予定。

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.