「視力弱い」も障害者算入、不正認識か調査

2018/08/18 17:26

 

 中央省庁の障害者雇用水増し問題で、障害者手帳の取得要件に該当しない程度の「視力が弱い」といった職員を数に算入していた事例があることが18日、政府関係者への取材で分かった。厚生労働省は、省庁が不正と認識していた可能性もあるとみて経緯を調べる。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459