旧優生保護法、手術記録なくても救済検討

2018/08/09 18:09

 

 旧優生保護法下の障害者への不妊手術問題で、与党は9日、手術記録などの直接的な証拠が残っていなくても救済対象とする方向で検討に入った。当事者の訴えや関係者の証言による被害認定の仕組みを作り、年内に基本方針の策定を目指す。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459