バド園田、嘉村組がメダル確定

2018/08/03 16:01

 

 【南京共同】バドミントンの世界選手権は3日、中国の南京で行われ、男子ダブルスの準々決勝で園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)がインドネシアのペアを2―0で破り、前回の銅に続き、2大会連続のメダル獲得を確定させた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459