天皇陛下、めまいの症状で安静に

2018/07/02 10:32

 

 宮内庁によると、2日午前4時ごろ、天皇陛下に激しい発汗があり、侍医が診断したところ、脳貧血とめまいなどの症状も出た。侍医は安静と経過観察が必要と判断した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459