千葉大病院「1人は死亡しなかった可能性」

2018/06/08 18:20

 

 千葉大病院の山本修一病院長は、腎がんで死亡した60代女性について「最初のCT検査後に治療していれば、死亡しなかった可能性がある」と認めた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459