カヌー鈴木選手の除名処分を提案へ

2018/05/19 18:07

 

 日本カヌー連盟は19日、東京都内で理事会を開き、昨年9月のスプリント日本選手権でライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入させた男子の鈴木康大選手について、定款上で最も重い除名処分とすることを6月3日の総会に提案すると決めた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459