WHOがエボラ熱感染拡大に警鐘

2018/05/18 21:25

 

 【カンパラ共同】アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)北西部で流行しているエボラ出血熱について、世界保健機関(WHO)は18日、感染拡大のリスクが非常に高まったと発表した。ロイター通信が報じた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459