北朝鮮船長に猶予判決

2018/03/27 10:43

 

 北海道の無人島で昨年11月、発電機などを盗んだとして窃盗罪に問われた北朝鮮船の船長に、函館地裁は27日、懲役2年6月、執行猶予4年の判決を言い渡した。求刑は懲役2年6月だった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459