障害者事業所、7割が経営不振

2018/03/14 10:44

 

 厚生労働省は14日、障害者が働きながら技能を身に付ける「就労継続支援A型事業所」の全国調査で、経営状況が悪く、経営改善計画を提出する必要がある事業所が約7割に上ったと発表した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459