「昨年衆院選の正当性に疑問」と希望代表

2018/03/12 13:15

 

 希望の党の玉木雄一郎代表は、森友学園文書の書き換えに関し「改ざんにまみれた中で安倍政権は昨年、衆院選に打って出ていたことになる。正当性に疑問がある」と取材に述べた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459