全国の火山観測体制見直しへ

2018/01/26 12:22

 

 火山噴火予知連絡会は26日、草津白根山の噴火を受け、全国に50ある常時観測火山の観測体制を見直す検討を始めた。気象庁は予知連での議論を踏まえ、監視カメラを増やすなど具体的に検討する。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459