熊谷6人殺害で弁護側が認否留保

2018/01/26 11:08

 

 埼玉県熊谷市の6人殺害事件で強盗殺人罪などに問われたペルー人の男は26日、さいたま地裁での初公判の罪状認否で意味不明な内容を発言。弁護側は「全ての公訴事実に対する意見を留保する」と述べた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459