天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

総選挙結果

2017/11/12

「希望」共同代表 玉木氏、闇夜の船出

 希望の党の共同代表に玉木雄一郎氏(衆院香川2区・当選4回)が就任した。共同代表を「党首」とすると、香川県出身の野党党首は民主社会党初代委員長の西尾末広氏、社会党委員長成田知巳氏以来のことである。女木島を先日訪れた時、西尾氏の銅像を見つけ、自分の駆け出し記者だったころを思い出し懐かしかった。党首になるというのはめでたいことかもしれないが、玉木氏にも、また香川県の人たちにもおめでとうという気にはとてもなれない。希望の党の先行きを考えると相当に高い確率でうまく行かないと思うからだ。

 玉木氏の候補者討論会、選挙当日の演説、当選後の記者会見をすべてネットTVで聴いた。見事なほどの建前論だった。その点では同じように財務官僚出身でも大串博志氏は本音が出ていて人間臭かったように思う。

 「小池代表とどのようにやって行くのか」という記者会見での質問に「仲良くやりたい。私にないものをたくさんお持ちなので学んで行きたい」と玉木氏は答えた。この答えに満足する人はまずいないだろう。希望の党の最大の問題は、創立者である「小池百合子都知事」その人なのである。「私は都政に専念し、国会のことは国会議員にまかせる」と小池氏は言う。ならば国政で仕事をする政党の党首でいるのはおかしいのではないかと多くの国民が感じている。国政のことは国会議員にまかせる、と言いながら、絶対に口も手も出すに違いないと、希望の党の議員でさえそう感じている。その問題の人物と「仲良くしたい」などというような発言をしていてはだめだ。

 「わが党には53人のすぐれた議員がそろっている。この人たちの持てる能力を十分に引き出し、全員野球で自公政権に立ち向かいたい」と玉木代表は述べた。そうかもしれないが国民の大半は「小池ブームに乗れば民進党で出るよりも当選しやすくなる」と考えた「当選ファースト」主義者が多かったと見ているのだ。そのように見られた結果が、立憲民主党の後塵(こうじん)を拝することになったのだ。玉木氏は「いまは果物の季節だが、いま一番必要なのは栗だ。火中の栗を拾うことだ」と以前、述べている。それならばきれい事ではない火中の栗を拾うにふさわしい覚悟の言葉が欲しいのだ。

 希望の党のいまのイメージは、選挙前の民進党のイメージよりずっと悪い。あわよくば政権交代も、という声さえ出ていたのに、なぜこれほど惨めな結果になったのか。それは小池氏や民進党を希望の党に合流させようとした前原誠司前民進党代表ばかりのせいなのか。希望の党の候補者の選挙をいくつか覗(のぞ)いてみた。驚くことがたくさんあった。まずスタッフがいない。候補者が個人で集めたスタッフ以外には民進党からも連合からもスタッフは来ていない。それに資金がない。民進党の100億円ほどの資金は希望の党の選挙では使われず、候補者自前が当たり前のようだった。選挙の現場を見る限り政権交代を目指すような選挙戦とはとても思えなかった。現実に希望の党の当選者は民進党時代から選挙に強いと言われていた人たちで、いわゆる希望の党独自の当選者は小池氏が比例名簿の2番目に押し込んだ人が1人いるだけ。

 共同代表選出の投票結果は玉木氏39票、大串氏14票。焦点の安保法への対応について玉木氏は「既に溶け込んでいる」と事実上の容認前提の部分手直し論、大串氏は「容認できない」。14人はいずれ希望の党から出て行くのだろうか。立憲民主党が野党第一党なので国会運営が難しくなるばかりと自公執行部は嘆いている。希望の党と日本維新の会を一緒にすれば立憲民主党を上回るというのが与党の目論見。この動きを推し進めようとすれば希望から14人が離党することにもなりかねず、痛しかゆしだ。

 野党が分散したおかげで自民党は歴史的圧勝。株価も歴史的水準、トランプ来日も何もかもすべてうまく進んで「謙虚に」という言葉と裏腹に安倍首相の笑いが止まらない。「憲法改正であせって高転びしなければいいが」というのが白寿(99歳)を迎えた中曽根康弘元首相の感想だとか。

(政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.