天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

日米首脳会談

2017/02/14

大成功、一抹の不安

 あまりにもうまく行きすぎて、頬をつねってみたくなるようなことが、だれにでも生涯に一度ぐらいある。トランプ・安倍会談もそれに近いようなものだった。首脳が交代するごとの日米トップの初の出会いとしては、これほど厚遇され、これほどの成果を収めた首脳会談はない。大成功というべきなのだが、「しかし」と思わず考えこんでしまう。ツイートの批判におびえていた日本が拍子抜けするほどの礼賛。どちらが本音なのか、また、元に戻ってしまうのではないかという不安を拭い切れない。

 「グッド・ケミストリー」という言葉をトランプ大統領は使った。「二人でいるとすごくいい雰囲気になる、相性がいい」という意味だが、私は米国人からそう言われたことは一度もない。かつて米大統領が使用した「冬のホワイトハウス」を買い取った豪華な別荘で2泊、食事5回、ゴルフは2つのコースでそれぞれ18ホール、9ホール回った。移動の際の大統領専用機「エアフォース・ワン」では大統領は首相をコックピットに案内したという情報もある。

 大統領就任直後の記者会見でCNNの記者を叱りつけている姿が目に焼き付いていたが、今回、安倍首相とともにいる際に見せた表情はそれとは真逆だった。記者会見で紙を見ながら話す場面も初めて見たし、何よりも「サンキュー」と何度も言ったのには驚いた。怖い人というイメージで見ている身には、「あれ、意外にいい人なのかも」と思わせる。それを計算しての演技なのか、それとも不動産売買のときの戦術なのか。

 日本側は大きく2つにわけて考えていた。安全保障では同盟関係の確認と尖閣諸島が日米安保条約第5条の適用範囲であることの言質を引き出すこと。経済では金融操作や貿易での日本批判をいかに封じ込めるか、この2点を軸にさまざまなケースを想定して準備を続けてきた。結果はすべて想定以上だった。とりわけ、両首脳がゴルフ場にいるころ、北朝鮮が弾道ミサイルを発射、日本海に落ちた。安倍首相単独で非難のコメントを発表する予定だったが、大統領は共同会見にしようと提案したという。日米同盟の絆の固さを印象づけるこの場面を北朝鮮はどう受け止めただろうか。

 私も何度も日米首脳会談を取材、報道してきた。どんな会談であってもだいたい「一定の成果、重い荷物」という解説を書くのがいつものことだった。それでいうと今回は「大きな成果、今後の不安」ということだろうか。米国内でも世論の半分は反トランプ、欧州やメキシコ、カナダなど多くの国がトランプ批判を続ける。その中での日米の「蜜月」を世界はどう受け止めているだろうか。最初にホワイトハウスを訪問し、トランプ大統領と会談した英国のメイ首相は、大統領と手をつないで歩いて見せたが、入国禁止の大統領令に反発する世論におされてトランプ批判の姿勢に転じた。大統領公式訪問を要請したが、それに反対する署名が2百万人に達しようとしている。安倍首相も大統領を正式に招待し、大統領がそれを受け入れたが、このことが国際社会でどう受け止められるかという不安がつきまとう。

 大統領選挙期間中から繰り返していた日本批判はまったく出なかった。ずっと前から日本に敬意を持っていたし、ずっと日本が好きだったのではないかとこちらが思えるほどの日本賛歌のオンパレードだった。大統領の日本批判をいかに封じるかを見事なシナリオで成し遂げたのは、日本の首相官邸チームの勝利だった。日本側から米国内での雇用増につながるような具体策の提案、副大統領と副総理をヘッドにしたチームでの協議などすべて日本側のアイデアだった。議会での人事承認が遅れているので、米側は官僚機構がほとんど機能していない。いわばその間隙(かんげき)をぬうような形だが、米国側の陣容が固まったときに、新たな要求を突きつけてくることは覚悟しておかなければならないだろう。

 これからトランプ大統領がツイッターで何を語るのか。昨年11月の最初の顔合わせでは安倍首相と会った翌日に「TPP離脱」を表明し、首相を落胆させたことがあった。先が読めない「トランプ流」を考えれば考えるほどトランプゲームの「神経衰弱」のようになってくる。

(政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.