天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

米大統領選

2016/10/24

どうしたアメリカ

 アメリカはどうなってしまったのか。2度に渡り都合5年米国に住んだことのある人間として、また米国にかなりの親しみを感じている1人として心配で仕方がない。ヒラリーvsトランプの最後の大統領候補討論会をテレビで見た。最初も最後も握手もせず、終始、罵(ののし)り合うだけ。人間はここまで悪態をつけるものなのだということを再確認したことぐらいしか得たものはなかった。しかしながら、成熟しきった民主主義がしまいにはこうなってしまうのだということを知らされたような気がする。アメリカだけではなく、世界中が「どうなってしまったのか」なのである。

 アメリカに住んでいる間に、有名な人から市井の人までたくさん、ああ立派だなと思える人に出会った。レーガン大統領以降、大統領選も4回取材したが、程度の低さにがっかりしたことなどはなかった。

 大統領選は11月8日の投票日まであと2週間である。米国人の友人、知人、たとえば古い友人のグレン・フクシマ氏が「絶対にヒラリー勝利」と言うように共和党員を含めてみなヒラリー氏が勝つと断言する。それでなくとも大統領選の代議員の配分は、民主党の強い大都市有利にできている。討論を聴いていてもあれほどメチャクチャなトランプ氏が大統領になるなんてあり得ない、と言い切る。でも私には彼らの言い分が今一つ信じられないのだ。彼らはトランプ氏が出馬すると宣言した時、泡沫(ほうまつ)だからすぐに消えると言っていたのだ。

 最後のテレビ討論を終えた時点で世論調査は52%対39%とかでヒラリー氏有利と報じられていた。それも私は信じない。トランプ氏を支持している人たちの多くはテレビ討論など見ない人、または隠れトランプなどという言葉があるように家族にも内緒にしている人が少なくないのだという。だとすれば、世論調査の数字では予測できないのではないか。

 ヒラリー氏がトランプ氏に女性問題で攻めこむとトランプ氏がすべて嘘(うそ)。あなたの夫は実行したが私は言葉だけ、とやり返す。こんな人に核のボタンは持たせられない、とヒラリー氏。トランプ氏は「あなたが大統領候補になることさえ許されない。あなたは犯罪者、刑務所に入るべきだ」と応酬する。

 下手なワイドショーよりは面白いが、これが世界最強の国の大統領を決めるための選挙かと思うとぞっとする。常識的な考え方を基準に考えればヒラリー氏に分がある。しかしながら現状に不満を抱いている所得の高くない白人に自分を置き換えて考えてみると、トランプ氏の発言に共鳴する人が多いのも理解できるような気がする。米国人の生活が悪くなったのは、日本や韓国やドイツなど同盟国を守ってやっているからだ、彼らに自分の国は自分で守らせろ。貿易も米国に不利な協定ばかりだ。その通り、と考える米国人が多いのも理解できる。

 どうせあなたがやろうとしている政治は夫のクリントン大統領かオバマ大統領の亜流だ。私はそんなことではなく、偉大な米国を取り戻すのだ。

 そもそも政治というものを信用していない層が増えている。世界共通の傾向である。したがって既製の政治と距離を置く候補者に票がなだれ打つ傾向がある。その結果が英国のEU離脱でありフィリピンの大統領選挙であり、最近の日本でいえば、鹿児島や新潟の知事選挙の結果もそうかも知れない。政治の閉塞感は強いリーダーを求める風潮につながる。かつての小泉劇場も、また大阪での風雲児橋下徹現象、そしていまの小池百合子東京都劇場。

 米大統領選は雪のアイオワから始まる。あれから8カ月過ぎたのにいまだに二人の候補で大接戦が続いている。米国の有識者でトランプ支持を公言している人はいることはいるが、決して多くはない。だから「まさか」という気がするが、選挙は何が起こるかわからない。ただ、やっかいなのは、米大統領選の結果はわが日本に死活的影響を与えるということである。さてどうなりますか、"トランプ占い"でもしながら物見遊山を決め込むことにしましょうか。

 (政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.