天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

こころの歌謡大会

2016/09/19

地方活性化の風を

 このコラムで何回か紹介させていただいた「全日本こころの歌謡選手権大会」まであと2カ月ちょっとになった。10月15日にイオンモール神戸北で行う西日本予選大会までは1カ月を切った。すべて書き下ろしの課題曲13曲の中から選んで挑戦していただくあまり例のない大会にもかかわらず、全国からたくさんの応募をいただいた。香川県を中心に四国からもたくさんの歌声が届いた。

 応募総数は600人弱で、驚いたのは、そのレベルの高さである。課題曲発表から応募締め切りまで4カ月しかなかったためか、すぐに歌えるようになるプロ歌手の応募が予想を超えた。私もカラオケ大会の審査員を頼まれたりしてたくさん歌を聴いているが、この大会の応募者ほどレベルの高いものは少ない。

 応募者の男女比は4対6ぐらいだろうか。平均年齢は約55歳で、予想は60歳くらいかなと考えていたのでそれより若くなった。600人弱の曲はCDやカセットテープ、MDやネットで送られてくる。それを全てコンピューターに入れ、私も含めた審査員がスマートフォンで聴いて審査する。スマホに採点、講評などを打ち込むと瞬時に審査員同士が情報を共有できる。情報にはそれぞれの応募者の歌声、個人情報、キーの高さなどが入っている。

 このシステムは事務局のメンバーたちが考案したもので、来年以降、このリストに載っている人々がわれわれの国民運動の軸になってくれることを期待している。

 これまでの歌謡曲と一味違うものを追い求めたためか、課題曲は簡単には覚えにくいものがそろった。吹き込みの時に、歌手からも難しいという声が出た歌も数曲ある。プロデュースした立場としては、ねらい通りという気分である。

 思いがけないことも起こる。愛媛県出身のえひめ憲一さんに歌ってもらっている「噫西郷(ああせご)どん」という課題曲。曲はシンガー・ソングライターの山崎ハコさん。彼女が初めて書いた演歌である。西郷隆盛を歌ったもので作詞の舟海勝(ふなみまさる)は私の筆名。逆に読んでみてください。鹿児島では西郷さんを「せごどん」と呼ぶ。でもそれ以外の土地では「さいごうどん」となってしまう。

 弱ったな、と思っていたらNHKの次の次の大河ドラマが「西郷(せご)どん」に決まったというニュース。たぶんえひめ憲一さんも小躍りしたに違いない。いずれだれも「さいごうどん」とは言わなくなる日が来るような気がする。

 12月2日の決勝大会は東京のかつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホールで開催。ゲスト歌手に課題曲を歌っている八代亜紀さん、小田純平さん。司会はボランティアで手を挙げてくれた元NHKの宮本隆司アナとテレビ東京の繁田美貴アナ。まだ公表できないが、誰しも驚く、舞台を埋め尽くす大編成のバンドによる生演奏。この決勝大会の模様はBSジャパンが年内に放映する予定である。

 日本の歌、とりわけ歌謡曲が輝きを失いかけている。かつて世代をつなぐ役割を果たしていた歌がいま、世代を隔ててしまっている。テレビの歌番組も減る傾向で、大物歌手のCDが数百枚しか売れないという話もある。私はこころを伝える歌の発掘という運動が軌道にのったら、アジアに広めたいと考えている。中国の月間ベスト10の歌の半数は韓国の歌手だ。韓国は国を挙げて大衆歌謡の振興に力を入れているのだ。

 来年からは地方活性化を考え、全国から三つほど県を選んで、地方から攻め込むことにしたい。もし香川県から新しいスターを出したいという声があるのなら、地元と力を合わせて行動に移したい。地元の人の盛り上がりがなければよそ者の私たちだけではうまくやれない。三つの県での運動がうまく運べば、必ず他の地域に広まると思う。

 私がたった1人で考えて動き出した大会も、たくさんの人の力を借りてここまできた。一般社団法人にしてもらうとき、銀行預金通帳を見せてください、と言われて、えっお金が1円もないんですというところからのスタートだった。念ずれば必ず叶(かな)う、それだけを考えている。

 (政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.