天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

日韓50年

2015/06/22

分岐点に立つ日本外交

 韓国へ行ってきた。ソウルの繁華街明洞で、日本大使館前の慰安婦像のそばで、あるいは夕方の買い物でにぎわう市場で、また天安市にある「反日」の拠点ともいうべき独立記念館などでたくさんの人から話を聞いた。ニュアンスの差はあるものの、ほとんどの人が日本との関係をもっと良くすべきだ、と答えた。

 「日本の嫌いなところは」の質問には全員が「歴史を直視しようとしないこと」と答える一方、「好きなところは」には日本製品から音楽、文学、アニメなどがあがった。「韓国人として生まれた以上、日本は嫌いだと言わざるを得ない宿命を背負っている」という答えもあった。

 感染が拡大している中東呼吸器症候群(MERS)警戒のためマスクをたくさん買い込んでソウルへ入ったが、繁華街でもマスクをしている人は極めて少ない。花粉症予防の日本よりマスク姿は少ないと感じた。感染地域は病院施設内に限定されているとされ、思いのほか落ち着いているように思えた。しかし、観光客は激減、羽田から乗った飛行機は空席が目立った。経済への影響はかなりなもののようで、日本円で2440億円の損害と報道されていた。

 日本ではメディアが日韓50年の特集をしているせいか、かなり知られていると思うが、韓国ではそれほどでもない。日本との関係でいうと、やはり一番は慰安婦問題、続いて竹島(独島)問題、歴史認識という順番だろうか。このあたりは教育で叩(たた)き込まれているせいか、ほとんどの人が同じような表現をするのが印象的だった。しかしながら、韓国経済に陰りが見え始めているせいか、日本との関係改善が必要だと考える人は、日本を出る前に考えていたより多い印象だった。

 私が注目したのは朴槿恵(パククネ)大統領が米ワシントンポスト紙のインタビューに答えて日本との関係について言及した部分である。朴大統領は慰安婦問題について「相当な進展があった」と述べるとともに50周年はかなり意義深い年になるだろうと語っている。大統領の発言の根拠は明らかではないが、政府間の水面下の交渉で何らかの確証を得ていなければ、常識的にはあのような発言はあり得ないと思う。

 日韓の水面下での交渉で論議の中心になっているのは(1)日本の首相による謝罪(2)日本大使の元慰安婦との面会(3)元慰安婦への経済的支援―などである。これらは民主党の野田政権時代に当時の外務次官が非公式に韓国側に打診したと言われる「佐々江案」を土台にしている。この中で日本側にとってもっとも難しいのは(1)の首相による謝罪だろう。とりわけ安倍首相がこれを受け入れるとすれば、相当なサプライズで、もしこの方向で水面下の交渉が進んでいるとすれば朴大統領の発言は十分うなずけるところだ。

 日本側としては解決のためには韓国がさまざまな形で慰安婦問題のキャンペーンを世界的規模で繰り広げていることをすぐにやめるよう求めている。慰安婦問題はいまや日韓の間に横たわる問題ではなくなっており、とりわけ米国では非人道的な戦争犯罪として日本を非難する声が広がりを見せ始めている。

 22日には日韓双方で記念行事が行われ、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相が朴政権誕生後初めて安倍首相を表敬訪問する。いずれ近いうちには安倍首相と朴大統領の二人だけの首脳会談が行われることになることを強く期待したい。その鍵を握るのは慰安婦問題とともに、安倍首相が8月に発表する「戦後70年」の首相談話の内容、とりわけ「謝罪」という言葉が入っているかどうかを韓国は注目している。内容が村山首相による戦後50年の「村山談話」より後退したものであれば、韓国は再び日本に対する固い態度に戻ってしまうだろう。

 安倍首相にしてみれば、村山談話の文言をそのまま使用するのであれば、何のために新しい談話を出したのかということになる。また安倍首相を支持している保守タカ派勢力の失望を買うことにもなる。これから8月までの安倍外交は、その後の日本にとっても大きな分岐点となるだろう。国会で苦戦している「安保法制」問題とならんで、アジア外交でつまずくようなことになれば、長期政権どころではなくなってくる。歴史的にももっとも深い付き合いの隣国とうまくやれないようでは、世界から尊敬されるはずがない。安倍首相ばかりではなく、日本にとっても正念場である。

(政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.