天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

"政治猫"の死

2014/10/20

なぜ心動かされるのか

 私事にわたる話で恐縮だが、私の担当しているテレビ番組「田勢康弘の週刊ニュース新書」(テレビせとうち毎週土曜日午前11時半)で番組開始以来6年半、アイドルだった猫の「まーご」(8歳7カ月)が突然、死んでしまった。金曜日の夜、翌日の生出演に備えてシャワーを浴び、乾かしてもらっている最中に、事切れた。人間でいえばまだ50代、あまりに若すぎた。その死からの1週間、われわれの想像を超える大ニュースとしてまーごの死は全国に広まって行った。

 10日の夜まーごが死んで、翌日の本番で公表する数時間前から、ネットではまーごの死がニュースになっていた。あっという間にツイッターで取り上げられる話題のトップになったり、ネットで報じられるニュースでも第1位になった。まーごをことのほか可愛(かわい)がってくれた石破茂地方創生担当相からまーごへ弔電が届いた。「尊敬するまーご様 まーごさんのご他界の報に接し、数多く共演させて頂いた者の一人として心より哀悼の誠を捧(ささ)げます。政治ネコとしての存在には圧倒的なものがありました。御霊の安らかならんことをひたすらお祈り申し上げます」。

 私がこの番組のキャスターにと依頼されたとき、猫を番組に出したい、と願い出た。「報道番組になぜ?」とテレビ局側は訝(いぶか)ったが、それほど深い理由はない。ただ、とげとげしくない雰囲気で政治論議をしたい、と思った。政治を、あるいは政治家を頭ごなしに叱るのではなく、正しいと思うことを、控えめに唱える、そういう番組にしたいと思ったのである。猫の種類は? と問われたので以前、飼ったことのあるアメリカンショートヘアを希望した。それで動物プロダクションから送り込まれてきたのが、有名なタレント猫の孫の「まーご」だった。

 番組の議論の中身におかまいなくまーごは勝手に動く。中曽根康弘元首相のお茶を飲んでしまったこともあるし、ゲストの目の前でねそべったまま、ということもあった。広いスタジオに私の部屋という設定の応接室が組み立てられているのだが、まーごはテレビカメラに映らない物陰に隠れたりすることはまったくなかった。

 ゲストは圧倒的に政治家が多く、最多出演は石破氏の13回。民主党の野田佳彦元首相も10回。めったにテレビに出ない小沢一郎氏だが、この番組では断られたことがない。本番中もまーごとじゃれたりしているので、かなりの猫好きのようだ。しだいに「まーごを知らない政治家は大物とは言えない」とまでいわれるようになった。まーごが亡くなる2日前に、私は70歳を迎えた。毎回、リハーサルの合間にまーごに話しかけることにしているが、最後に声をかけたとき「おい、辞めるときは一緒に辞めようや。それまで元気でがんばろう」と言った。あと数年もすれば、まーごが人間との年齢換算で私とほぼ同じになるので、そのころというつもりだった。だから、まーごの写真の入った名刺を大量に発注したばかりだった。

 18日の土曜日、本番のあとテレビ東京本社の1階スタジオにまーごの動画を流し、たくさんのまーごの写真を飾って、2時間限定の献花台を設けた。番組でその日に告知しただけなので、果たして来てくれる人がいるだろうかと不安だった。正面玄関前に行列ができ、花束を手にした人たちが泣きながら入って来る。2時間の間、ずっとまーごの映像を見つめ続けた女性もいた。私とコンビを組む繁田美貴アナウンサーと2人ですべての献花にきてくださった人々にあいさつしたが、集まった人は約500人。もっとも遠方から駆けつけた人は長野県からだった。

  いくつか驚いたことがある。まずはテレビというメディアの凄(すご)さ、恐ろしさである。ただスタジオをうろうろしているだけの猫が、あそこまで見る人の心をとらえるというのはどういうことなのだろうか。もう一つはネット社会の拡散スピードの驚くべき速さである。一般紙は一部をのぞけば報道しなかったにもかかわらず、ほとんどの人は、まーごの死を知っていた。その日ニュースの話題ランキングの上位10位の中に「まーごの死」「大江麻理子(前任の担当アナ)まーごの死に号泣」「繁田アナ涙」と三つも入った。

  一言も言葉を発しないまーごが、これだけたくさんの人の心をつかんだ。それにくらべて、私はキャスターとしておびただしい量の言葉を吐き続けてきた。でも、まーごの何分の一も視聴者の心に届いていない。恥じ入るばかりである。

(政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.