天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

日中関係

2014/07/28

改善は市民レベルで

 互いに相手の国を「嫌いだ」と90%以上の国民が答えるという異常な緊張状態の日中関係。しかし、日中関係は修復不能なほど悪化しているとは思わない。悪いのは「政治」レベルの話であって、市民レベルではそう悪くないと思う。日本から中国への観光客は激減しているが、中国から日本へやってくる観光客は増えているのだ。意図的に作られた双方の悪いイメージが両国関係に影響を与えているのだと思う。しばらく途絶えていた「日中ジャーナリスト交流会議」を1年3カ月ぶりに東京で開催してみてそう感じた。

 この会議は2007年に両国のジャーナリストが年2回、日本と中国で交互に訪問し合い、活発な議論を展開することで、理解を深めるという目的で設けられた。その後、日中関係悪化などで何度か中断し、第9回の今回は2度延期のすえ、やっと開催にこぎつけた。羽田空港に中国側ジャーナリストの姿が見えるまで、ドタキャンの不安がつきまとっていた。中国側は中央電視台(CCTV)、人民日報、中国青年報、新華社、社会科学院、インターネット「中国網」などから10人、中国側座長は陳小川中国青年報社長がつとめた。

 日本側からは新聞、テレビ、通信社のおもに中国担当や、フリーのジャーナリスト9人が参加。日本側座長は前回から田原総一朗さんから引き継いで私がつとめた。延べ11時間、両国の抱える問題、悪化する両国関係などについて相当、激しい議論が展開された。会議でだれがどのような発言をしたかは公開しないルールになっている。ただし、本人の了解を取ればその限りではないという例外規定もついている。本人の了解を得たので、この会議でもっとも印象に残った中国側の発言を紹介したい。

 第1回からほとんど参加している中国中央電視台の人気ニュースキャスターの白岩松氏(46)はこう語った。「日本には『希望』以外は何でもある。中国には『希望』以外にあるものは問題ばかりだ」。第1回、第2回のころは歴史認識や靖国神社問題などで、つかみ合いになりそうな場面もあった。もちろん、今回も中国側が安倍政権を「戦争に導きそうな政権」と非難し、日本側も中国の東、南シナ海における軍事行動を批判したりした。しかし、互いに非難し合うだけに終わらず、両国がそれぞれ抱えている弱点も率直にさらけ出し、認め合うというところが、これまでと違う点である。

 中国側は国も個人もともかく「豊かさ」を求めすぎて、何か大きなものを見失いつつある。日本はすでに豊かさを手に入れ、安定しているが、なぜ、人々は希望を持っていないのか、という疑問が提示された。たしかに若い世代は希望というか、夢を持っていないように見える。国としても何をしようとしているのかわからないと中国側は指摘した。日本から見るといまの中国は国家として何を目指しているのかわからない。米国と対峙(たいじ)する大国を目指しているのかと問いただす場面もあった。

 議論の最後の焦点は11月初め、北京郊外で開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議の場で、日中首脳会談が行われるかどうかだった。そのためにジャーナリズムとしてどのように両国関係を論じて行くかで議論が交わされた。私はこう述べた。首脳会談をすべきだというのはその通りだが、そのために小手先の友好を演じてみても意味がない。常に関係を壊すのは政治家だ。政治には過大な期待はしないほうがいい。それよりも他の分野、たとえば音楽などの分野での交流のほうがはるかに効果的だ、と述べた。

 昨年9月、北京の中南海にある中山ホールで行われた由紀さおり、安田祥子姉妹のコンサートの話をした。日中関係が極めて悪い状況の下で、姉妹は日本の歌ばかり20曲ほど歌った。驚いたのは「里の秋」を歌ったときのことだ。聴衆の日本人と中国人が一斉に歌いだしたのである。日本人は日本語で、中国人は中国語で。聞けば中国では「又見炊煙」という題でテレサ・テンが恋の歌として歌っているのだそうだ。日本へ帰ってきて若い人に「里の秋」について聞いたら、だれも知らなかったから、いまや中国の歌といったほうがいいのかもしれない。同じ歌を両国の人々が涙を流しながら歌う。ここには「対立」など入り込む余地はない。両国の関係を改善するには、政治家ばかりに任せておかないことだ。

 日中ジャーナリスト交流会議は今回初めて両座長共同コメントを発表した。「両国関係の改善、中でも両国の一般市民の間に横たわる認識のギャップを埋めるために、ジャーナリズムが果たす役割は大きい」と総括、年内に北京で次回会議を開くことを決めた。

(政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.