天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

都知事選 細川氏出馬

2014/01/13

原発で「国のかたち」争う

 2月9日投票の東京都知事選は、細川護熙元首相が今週前半に出馬表明の見通しとなった。実現すれば日本の国のかたちにまで影響を与えるような歴史的選挙になりそうだ。細川氏は小泉純一郎元首相と連携し「脱原発」を訴えたいとしている。出馬するとなれば、脱原発で野田佳彦前首相、鳩山由紀夫元首相、菅直人元首相、それに小沢一郎生活の党代表らのほか、自民党からも支持者が出る可能性もある。

 42年間に25人の首相を含め、主だった政治家にはほとんど会ってきたが、その中でも細川氏は私にとってとりわけ不思議な、というか、会ったあとすぐにまた会いたくなる人物だった。1992年、細川氏がたった一人で新党(日本新党)を立ち上げようとしているころ、細川氏と4、5時間話し込んだことがある。といっても互いに寡黙なほうなので、ぽつりぽつりという調子で、細川氏は改革の熱意を語った。小沢一郎氏の腕力ですぐに「細川連立政権」ができた。そのころは、首相としての細川氏にパフォーマンスばかりが目立ち、厳しい論調の記事を書き続けた。再び会うようになったのは、細川氏が政治家引退後、陶芸家に転身してからである。どうせ、政治家の道楽、と思っていたが、作品を見て驚いた。すぐに知人の唐津焼の陶芸家に電話をして評価を聞いた。「さすがにいいものをたくさん見ておられるので、すばらしい出来栄えです。私もほしい」ということだった。それから東京での細川氏の個展は欠かさず見てきた。「備前以外はほとんどやります」というだけあって、湯河原と軽井沢の工房で制作する作品はいずれもすばらしい。茶道具などの工芸品や書、最近は油絵などにも取り組んでいる。合間に畑づくりに精を出している。軽井沢の細川さんの家は私の小屋から100メートルほどしか離れていない。採れた野菜をぶらさげてわが家へ持ってきてくれたりする。

 どこで会ってももの静かで、それでいて常に何かを考えているなと感じさせる佇(たたず)まいだ。私のテレビ報道番組に出演をお願いしたことがあるが、「いま政治にモノを言う気が起きませんので」と直筆の丁寧な手紙をいただいたことがある。そこを何とか、とお願いし、陶芸家としての細川さんに一度だけ出演願った。国を憂いている様子はそのころから、いまに至るまで続いている。

 大震災後は被災地の岩手から福島まで瓦礫(がれき)を積み上げ、その上に土をもって、植樹する。万里の長城のようにするという「緑の長城プロジェクト」に取り組んでいた。ことのほか環境問題には熱心で、教え子の野田首相が原発再稼働に熱心なことを残念がっていた。

 細川氏との四半世紀の交友で感じているが、この人は俗人離れしていて、地位や名誉欲で動く人ではない。できれば文字通りの晴耕雨読で人生を終えたいと考えている人だ。このたびの都知事選は、それほど脱原発への思いが強いということだろう。原発をどうするかは国の仕事で、都知事がすることではない、とか、年齢的にも東京五輪までつとめるのは無理、だとか、首相を9カ月で辞めたように都知事も途中で投げ出すのではないかという批判もある。

 そういう批判も故なきことではないが、細川氏出馬となれば、一自治体の長の選挙にとどまらず、国政選挙、いやそれ以上の国のかたちを問う選挙になる。わが国のエネルギー政策をテーマにした首都東京における国民投票のような性格を帯びてくる。

 自民、公明の与党側は舛添要一氏を推すのだろうが、無党派層の多い東京での選挙では、選挙カーの上に細川、小泉両氏が立っただけで、熱狂的な聴衆に囲まれるだろう。候補者選定に悩んでいた民主党にとっては、これ以上ラッキーなことはない。躊躇(ちゅうちょ)なく細川陣営の中心に位置を占めるだろう。考えてみれば大半の民主党幹部は細川氏の弟子なのだ。また自民党に対抗する野党勢力の結集を叫んでいた小沢一郎氏も戦線に加わるだろう。

 「絶対に負けるわけにはいかない」として何度も世論調査を実施したのちに舛添氏に踏み切った安倍自民党にしてみれば、想定外の事態だろう。自民、公明、それに民主党も加えての舛添氏擁立ということも想定されていたが、ここで大変な窮地に立つことになった。

 都知事選の前の今月19日に行われる沖縄名護市の市長選挙は、普天間移設問題を大きく左右するが、与党の推す新人候補はかなり厳しい戦いを強いられている。名護市、東京都と続けて苦杯をなめるようだと、安倍政権はほころびが見え始めるだろう。それでなくとも4月には消費税引き上げがあり、靖国参拝で外交もうまく行かなくなっている。75歳の細川氏出馬が、果たしてどのような影響をもたらすのだろうか。

 (政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.