天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

張成沢氏処刑

2013/12/16

「金王朝」終わりの始まり

 21世紀にまだこんなことをする国があるのか、と背筋が凍る思いをした人は少なくないだろう。指導者の後見人であるナンバー2の実力者、それも義理の叔父を処刑する。北朝鮮で起きつつある衝撃の粛清劇は、金日成(キムイルソン)、金正日(キムジョンイル)、金正恩(キムジョンウン)と3代の「金ファミリー王朝」の終わりの始まりを予感させる。政治的にも経済的にもこれまで支えてきた中国との関係は急速に悪化するだろう。軍が主導権を握る北朝鮮は、何をするか分からない若い独裁者の下で、極東地域を震撼(しんかん)させ続けるに違いない。

 国防委員会副委員長だった張成沢(チャンソンテク)氏はすべての肩書を剥奪されてからわずか4日後に特別軍事裁判で「国家転覆の陰謀行為」で死刑の判決を受け、ただちに処刑された。裁判で衛視らしき2人の人物にささえられた張氏の左目は、殴られたような大きな痣(あざ)がメガネの奥に見えた。弁護士もつけず、おそらく反論も許されないような状況での粛清だっただろう。クーデター、汚職、女性問題とあらゆる罪状をあげつらっている。

 張氏につながる人脈はことごとく粛清されるだろうと見られている。ネット情報ではその数は万を超えるとの予測もある。文字通りの恐怖政治である。しかしこの状況をもっとも恐れ、おののいているのは実は金正恩第1書記とそれにつらなる軍部などの指導層ではないだろうか。処刑を急がざるを得なかったところに、それを感じる。中国との窓口でもあり、国際社会との数少ないパイプ役であった張氏の力が強大になることは、金王朝の滅亡につながるという恐怖心を抱く勢力が、金正恩氏をたきつけたと思われる。金氏は言われるままに「唯一の領袖(りょうしゅう)」を演じているのではないか。

 1990年に私は当時の土井たか子社会党委員長らと平壌を訪れ、建国の父といわれる金日成氏に会った。最近ニュース映像で見る限り、街の様子は当時とあまり変わっていないように感じる。独裁体制ということでいえば、いまのほうがはるかに恐怖政治の度合いが強いのではないか。平壌の街は外国人に見せるためのショーウインドーのようであり、街で投げかけられる笑顔は作り物のようだった。そこまで国家としての"見栄(みえ)"にこだわる国が、国際的非難を覚悟の上で粛清に踏み切ったのは、やはり体制崩壊への危機感がいかに強いかを物語っているのだろう。

 外国からの情報流入を恐れている北朝鮮にも、かなりのネット情報が流れているようだ。ソ連もベルリンの壁も情報流入が崩壊への引き金となった。スイスに留学経験のある金氏はそのことを痛いほど理解しているだろう。北朝鮮の大衆が、いま起こっていることの不条理を感じ取るときが必ず来る。金氏らが恐れているのは米軍の攻撃などよりも、むしろ大衆蜂起だろう。それを防ぐためには恐怖政治を続ける以外にない。そしてそれは同時に王朝の終焉(しゅうえん)を早めることになるのである。

 中国はどう出るだろうか。内政問題で追われている習近平指導部も、内憂外患に頭を抱えているだろう。中朝の経済交流はとりあえずストップせざるを得ない。中朝国境は脱北者警戒もあって厳重な警備が敷かれている。中国から必需品が入らないということになれば、北朝鮮経済はさらに悪化し、大衆の怒りが爆発する可能性も大きくなる。大衆が国境線に集結し、何万人という規模で脱出すれば、深刻な難民問題となる。日本を含め周辺諸国はそれをもっとも警戒している。

 わが国にとっては拉致問題解決にどのような影響が出るのか、情勢を見極める必要がある。軍主導の国家運営で北朝鮮はミサイル発射や核実験などの軍事的手段に出る公算が高まった。もはや中国にも米国にもそれを止める手だてはないだろう。このような状況下で拉致問題で日本の要請に応じて話し合いに乗ってくるということは、考えにくい。

 23年前、平壌のホテルの前での光景を思い出す。朝、道路を走る車をしばらく見ていた。圧倒的にベンツが多かった。そのうち、不思議なことに気がついた。同じベンツが行ったり来たりしているのである。つまり外国人の私が「ベンツの多い国だな」と思ったら、それで彼らにとっては成功なのである。そこまで「外聞」を気にするなら、国際社会がいかに訝(いぶか)っているかに気がついてほしい、とは思うのだが…。

(政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.