天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

島倉さん死去

2013/11/18

消えゆく「昭和」

 歌手島倉千代子さんが亡くなった。ラジオの時代から昭和を歌い継いできた最後のスター歌手といってもいいだろう。独特のかそけき高音は、高度成長以前の日本社会の雰囲気にピタリと合っていた。貧しくとも清らかで、野菊のようにひっそりと咲く。浅からぬ縁で半世紀以上、彼女の歌を聞き、その人生を見つめて「島倉千代子という人生」(新潮社)を書いた人間として、島倉千代子という歌手とその時代について記してみたい。

 石川さゆりさんとともに弔辞を依頼された私は、遺影にこう語りかけた。

 「あなたの前に立っているのは、60年近く前、浅草のマルベル堂で、貯(た)めた小遣いであなたのブロマイド写真を買い集めていた少年です」「昭和35年大晦日(おおみそか)、NHKの紅白歌合戦であなたは初めて大トリを取り、『他国の雨』を歌いました。会場の東京宝塚劇場の隅にいた私は感激し、これからの自分の人生でこれ以上の幸せはもう来ないだろうと思ったものでした」「錦糸町にあった江東劇場の楽屋で初めてお目にかかったとき、私は詰め襟の高校1年生でした。それからあなたの人生の3分の2ほど見守ってきた人間として申し上げます。さまざまな苦難を乗り越えて、ここまでよく頑張りました。私を『ヤス』と呼んでいた島倉さんの『ヤス、うれしい』とはにかむ顔が見えます。声が聞こえます」。

  島倉さんは7歳のとき大けがをし、そのときの輸血が原因ではないかと思われるC型肝炎を患っていた。いずれ肝硬変から肝臓がんに発展するのではないかと私はずっと案じていた。3年前に告知され、歌いつづけることを前提に治療を重ねてきた。私自身は5カ月ほど前に、ラジオ局で会ったのが最後だった。何度か携帯で連絡したが、返信がなかったのは、心配かけまいという配慮だったのかもしれない。

  14年前「島倉千代子という人生」を書いたときは、ほぼ1年、彼女を追いかけた。歌手の心理を知ろうと、何度も幕開け寸前のステージに立ったりした。「島倉」を取材することは「美空ひばり」とは何かを追うことでもあった。歌謡界の女王を島倉さんは尊敬し、目標にし、そしてライバル視もしていた。同学年の二人は、同じ日本コロムビアで競っていた。「東京だヨおっかさん」はひばりさんの「波止場だよおとっつぁん」がなければ生まれなかった。ひばりさんは病室に島倉さんだけを入れるなど仲はよかったが、たくさんの歌手の曲をカバーしているのに、島倉さんの歌だけはまったく歌っていない。なぜなのかを調べてきたが、いまだにわからない。

  思い出はありすぎる。でも何か、とテレビ局で聞かれて、東京大学で私が教壇に立っていた時の話をした。島倉さんが私の授業で学生たちに、こんな話をした。「きょう私は東大の赤門をくぐってこの教室へ来ました。実は赤門をくぐるのは、3度目なんです。最初は昭和44年1月、安田講堂事件のとき、何が起こっているのか知りたくて、来てみました。2度目は赤門をくぐって東大病院へ。そこで乳がんと告知されました。そしてきょう。私の人生は赤門をくぐるたび大きく変わります」。

  苦難続きの人生だった。16歳でスターになり、普通の生活をしないまま大人になった。本を書いている時、作詞家の星野哲郎さんの家に取材に行くことになった。島倉さんも行きたいというので、小金井まで国電に乗った。電車に乗ったことがほとんどない島倉さんは、ひとりではしゃいだ。帽子にメガネ、マスクをして顔を隠していたが、声でばれてしまい、たくさんの人に取り囲まれてしまった。

  「言葉」が好きで10巻もある国語辞典をしょっちゅう、読んでいた。

  葬儀の間は石川さゆりさんらとずっと一緒にいたが、3時間ほどの間、さゆりさんはずっと泣いていた。出棺のとき、表に詰めかけた2千人以上の人を見て、歌手の宮地おさむさんが泣きながら私にこういった。「島倉さんはずっと2番手でいつもひばりさんのあとだったけど、きょうで、ひばりさんと並んだよね」。

  弔辞を私はこう締めくくった。「私たちファンもやがてそちらへ参ります。みんな勢ぞろいしたら、いままでのように赤と青のペンライトを大きく振ってみんなで『人生いろいろ』を歌いましょう。それまでお別れです。さようなら、そしてありがとうございました」。青山葬儀所へ集まった人たちは、みな高齢者。ファンクラブの最年少会員だった私も古希間近、「昭和」が消えるとともに青春は終わったと実感した。

(政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.