天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

厳しい国際環境

2013/01/21

日本の孤立が世界リスク

 民主党政権にはなかったスピード感で、安倍晋三政権は順調に滑り出したように見える。しかしながら、国際社会の日本を見る目は決してやさしくない。同盟国の米国でさえ、日本に対する関心の度合いは急速に萎(な)え、それとともに国際社会で日本は孤立しつつある。2月中旬の訪米が決まった安倍首相は、「日米同盟の再構築」を外交政策の軸に据えるが、そのために日本がなすべきことは、難しいことばかりだ。

  「2013年に予想される10の政治的リスク」という米国政治学者イアン・ブレマー氏の予測が話題を呼んでいる。大きなリスクを伴うものとして(1)新興市場(2)中国と情報(3)アラブの夏(4)ワシントンの政治―と続き、5番目に「日本、イスラエル、英国」となっている。この3つの国が並んでいるのはいずれも米国との同盟国だが、米国との関係が以前ほど有効ではなくなっており、いずれも地政学的な変化の外にあると説明している。日本は中国と、英国は欧州連合(EU)と、そしてイスラエルはアラブの春を傍観するだけ。いずれの国も国内問題に縛られ、米国の影響力が低下した「Gゼロ」時代に対処できていないと分析している。

  日本が抱える領土問題は、米国の影響力の低下や民主党政権下での日米同盟関係の弱体化と無縁ではない。ブレマー氏は財政危機の欧州(6位)より上位に日本、イスラエル、英国を挙げているのである。日本の孤立をことし初め、筆者も実感した。休暇で1週間、オーストラリアの海岸にいた。アジアでの連携と中国牽制(けんせい)のためにも、わが国は豪州との関係強化を外交テーマのひとつに掲げている。その豪州で滞在中に見た毎日のテレビニュースでは「日本」についてのものが一つもなかった。新政権が発足したばかりだというのにである。海外にからむニュースの大半は英国、米国と中国であった。日本からの観光客の多いあるリゾート地に正月休みに日本から飛んできたチャーター便はわずか1便、来月の中国の旧正月休みには25便のチャーター便が飛んで来る予定とかで、町中に中国語の案内があふれていた。

  こんな話も米国の友人から聞いた。米上院の外交委員会でアジアについての専門家の意見を聞く会を催した。10人の専門家が呼ばれたが、うち8人は中国の専門家、1人が朝鮮半島専門家、日本専門家として招かれたのは、その友人1人だった。おまけに日本に関する質問はほとんど出なかったという。日本への興味がなくなっているとしか思えない、と日本に詳しい友人は嘆いていた。

  1月の大統領就任式前後に訪米し、首脳会談をという安倍首相の願いは、オバマ大統領の議会対策などの日程上の理由で1カ月先送りになった。日本の首相はオバマ大統領になってからだけでも麻生太郎、鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦、安倍晋三と5人目である。「就任のあいさつだけでは時間の無駄」とホワイトハウスが考えても不思議はない。米国は日本をいくつかの問題に絞って見つめている。まず、中国との関係をどうするのか、である。クリントン国務長官は岸田外相との会談で「日本の施政権を一方的に害するいかなる行為にも反対する」と述べた。これまでより踏み込んだ表現である。しかしながら、中国に対する牽制と同時に、米国は日本にも中国をいたずらに刺激しないよう自制を求めている。日中双方が予期せぬ形で軍事衝突するようなことにならないよう、米国は双方に注意を喚起しているのである。

  米国は、とりわけニューヨーク・タイムズなどのメディアは安倍政権の右翼的体質を懸念材料の一つにあげている。日韓関係に刺さったトゲのようになっている従軍慰安婦問題で、安倍首相はかつて、強制連行を認めた形のいわゆる「河野(洋平官房長官)談話」の見直しに言及したことがあるが、米国はこの発言を問題視している。米国の人権団体なども早くも強硬な反対姿勢を示している。安倍政権がこれに手を付けようとするなら、日米関係にまで影響しかねない情勢である。

  普天間基地の辺野古移設もまったく解決のメドが立たない。自民党の沖縄県連は「県外」をマニフェストにうたっており、政権と異なっている。安倍政権としてはなるべく早く辺野古地区の埋め立て許可申請を沖縄県知事に提出したいところだが、状況は依然、厳しい。

  またさらに党内説得に手間取りそうなのがTPP(環太平洋連携協定)である。安倍政権は「国益を損なうようなら反対」として逆にいえば、国益に反しなければ賛成の含みを持たせている。「聖域なき関税ゼロ」などどの国の事情からもあり得ないが、参院選挙を半年後に控え、踏み切るのは容易なことではない。

(政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.