天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

離党きょう結論

2012/07/02

小沢氏、最後の大勝負

 43年に及ぶ政治家生活の中でも、小沢一郎氏にとっては2日からの10日間ほどがおそらく最後の大勝負ということになるだろう。小沢氏がどう出るのかで政局の流れは大きく変わる。過去数十年間の日本の政治が、いつも小沢氏によって振り回されてきたように。ただ、今回ばかりは小沢氏の言動に、かつてのような切れ味の鋭さがない。さすがの小沢氏もやや老いたのか、それともこれまでとは違う戦略を心に秘めているのか。

 小沢氏は輿石東幹事長と3回会談した。2日にも会談する可能性が高いが、この二人はいったい、何を話しているのか。一説には野田首相から小沢氏との調整の一任を取り付けた輿石氏が、消費税引き上げのための「3党合意」の内容修正によって、小沢氏ら造反組の離党を食い止めようとしているという見方がある。だから、何度も会談し、そのたびに、首相サイドの感触をさぐっているのではないか、というのだ。

 これはうなずけない。政治生命をかける、とまで言い切った首相が、党内の事情を優先して、3党合意を白紙に戻したり、修正を考えたりすることは、まずあり得ない。公党間の約束を反故(ほご)にすれば、党内外の批判が強まり、政権崩壊につながることになる。したがって、小沢氏らの要求に首相が何らかの形で応ずることは考えられない。

 ならば何のために何回も小沢・輿石会談が行われているのか。理由は小沢氏サイドにあると筆者は見る。すなわち、情勢はもはや離党しかないところまで来ているが、離党・新党結成に簡単に踏み切れない何かがあるのではないだろうか。豪放磊落(らいらく)、辣腕(らつわん)とみられがちな小沢氏だが、実は意外に慎重な人なのだ。自民党を脱党した1993年のときも、慎重に構えているうちに、武村正義氏らいわゆるのちの「さきがけ」グループに自民党離党で先を越されてしまったことがある。もう一つは「新党」結成まで解決しなければならない問題がいくつかあるということである。まず、新党といってもだれを「党首」にするのか。もちろん、小沢氏の党であることには違いはないが、総選挙を前にして「刑事被告人」の立場の小沢氏が党首になることがいいかどうか。

 次に新党結成、総選挙と続く中で、資金をだれが出すのかである。自民党政権時代には新党をつくるためには数十億円の資金が必要だといわれていた。もちろん、いまはそれほどのことはないと思うが、離党してしまえば、いわゆる政党助成金は回ってこない。会合を開くためのホテル代、あるいは党本部を借りるための費用など過去の「新党」がもっとも苦労したのがやはり資金だった。

 続いて小沢氏が逡巡(しゅんじゅん)している理由は、何人行動をともにするか読み切れていないのではないか。いまのところ、衆議院は40人、参議院は10人ほどと見る向きが多いが、離党届を小沢氏が預かっているということは、いわれている人数を確保できるという自信がないからでは、という見方もできる。小沢グループの政治家個人個人は、小沢氏のいう「大義」よりも自分が選挙で当選できるかどうかが大事なことだろう。その辺を考えると、民主党を離党せず、9月の代表選にだれかを擁立して野田政権を退陣に追い込むという戦略のほうがいいのかと小沢氏が思案しているようにも見える。

 それにしても、と思う。政治家と云(い)えば一国一城の主。それなのに何十人かの政治家がどう行動するかを小沢氏に一任しているという。いまどきありえないような話である。国民への約束を踏みにじって、マニフェストに書いていない消費増税をするのはけしからんという論理だが、ここまできて増税を断念すれば、日本の国債の金利が暴騰し、ギリシャのような危機に見舞われる恐れはないのか。消費税反対論者は、その前にやるべきことがある、とは主張するが、国際社会で日本の立場がどうなるかについては、ほとんど言及しない。

 小沢氏は政治家生活の最終場面で、何をしようとしているのか。消費税増税反対なら、なぜ、党の会議に出席して意見を言わないのか。また世間が知りたいことはたくさんある。一部で報道された小沢夫人が後援者にあてて書いたという手紙の中の「放射能がこわくて被災地岩手に帰らなかった」というのは本当なのかどうか。事実でないなら、なぜ否定しないのか。謎に包まれたままの「新党」では国民も歓迎しないだろう。

(政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

生活情報紙・オアシス

オアシス
暮らしの身近な情報満載

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

   
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.