天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

極秘会談

2012/03/05

なぜ堂々と会わないか

 ウソも方便、とはいうが、これだけは見逃すわけにはいかない。野田佳彦首相と谷垣禎一自民党総裁の「極秘会談」のことである。会ったこと自体は決して悪い事ではない。問題は二人とも「絶対に会っていない」と全面否定していることだ。はじめ、日本テレビが報じたときには、半信半疑だった政界も、すべてのメディアが後追いで報道するに及んで、二人の会談はあったものとして政局が動き出している。首相や公党のリーダーの行動は、それ自体が重いものだ。「私にもプライバシーはある」(谷垣氏)などという釈明ですむようなことではないのだ。

 首相の一日の行動は、翌日の新聞の政治面に載る。しかしながら、これは表に出せる部分の活動の記録であって、このほかに毎日のようにさまざまな人に隠れて会っているのだ。メディアは官邸が公表する日程に沿って記事を作るので、真実は国民には伝わらない。私事で恐縮だが、これまで24人の首相を取材してきた私はすべての首相と官邸や公邸、あるいは外で会ってきたが、一度も首相番記者たちに気づかれたことはない。首相動静の中で「秘書官」や「家族」と会食となっていたら、それはほとんど目くらましのための日程で、実は重要な人物と会っていることが多い。

 件(くだん)の極秘会談は2月25日の昼。首相の日程を新聞で見ると11時50分から都内のホテルオークラの和食の店「山里」で藤村修官房長官と食事をしたことになっている。まず基本的にこの表記が嘘くさい。毎日、何回も顔を合わせている首相と官房長官が、なぜわざわざ官邸の外のホテルまで出かけて昼食をとるのか。首相や重要閣僚が食事の場を抜けて、ホテル内の別の部屋で秘密で人に会う事は珍しくない。これを政界では「かご抜け」と称する。ホテルが便利なのはだれにも見られないで乗れる要人用のエレベーターがあり、ホテルを脱出するにも顔を見られずに車に乗るルートが確立しているからである。

 首相と谷垣総裁は、どうやらこの山里の個室で会談したらしい。だとすればうかつとしかいいようがない。店の入り口は1カ所しかなく、一般の人の目に触れる可能性がある。当人たちはそれぞれの党内で批判をあび、否定に懸命だが、それぞれの周辺で会った、と証言する側近たちがいるのだ。「極秘」でやるからには絶対にばれないようにやるしかない。しかしばれてしまったら、潔く事実を認め、何のための行動かを国民に説明すべきである。

 意図はあきらかだ。野田首相は与党民主党内部に、小沢一郎氏や鳩山由紀夫氏のグループなど100人を超す消費税増税反対論者を抱えている。増税法案を成立させるには野党勢力と手を組む以外にない。小沢氏らの造反を織り込んで、自民党との連携を模索、話し合いによる衆議院解散へ手を打とうとしたのだろう。

 一方で谷垣氏は消費税増税に協力すべきだ、とする森喜朗元首相ら長老グループと、民主党への対応が甘い、という若手の批判のはざまでもがき苦しんでいる。その二人が密(ひそ)かに会って打開の道を探り、傷をなめ合ったということではないか。野田首相も谷垣総裁も、ともに財務相経験者。裏で財務省が画策しているという見方も否定しがたいものがある。

 小沢氏は4月下旬の自身の裁判の判決で無罪の可能性がとりざたされ始めてから、野田政権を退陣に追い込むような強い姿勢を示している。消費税増税法案の閣議決定では小沢氏に近い閣僚の中から署名を拒否する人が複数出る可能性がある。国会提出にこぎ着けたとしても成立させるには与党だけでは不可能だ。自民党が協力するとなれば、話し合い解散が前提となるが、すべての工作が白日のもとにさらされたことにより、かえって事態は悪くなってしまったかもしれない。党首討論での谷垣氏はどこか追及が甘く、ところどころであれっ、と思うような両者の呼吸が一致しているように見える部分があった。ともにまっすぐな性格なのでウソがつけないのだろう。

 民主党と野党第一党がこの難局を乗り切るために協力し合うことはいいことだ。そのためには、話し合い解散しかないなと私はずっと思っていた。しかしながら、当事者がウソをつき続けていたのでは、物事は進まないし、国民の共感も得られない。恥ずべき事をしていないのだから、なぜ、堂々と会談しないのか。なぜ、国民に語りかけようとしないのか、国民は簡単にだまされるほど愚かではないし、理解さえできれば何が何でも反対というわけもないのだ。

(政治ジャーナリスト、四国新聞特別コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.