天気予報を見る
 
新聞購読申込
連載TOP > 連載 > 田勢康弘 愛しき日本 > 記事詳細

連載

 
 
 

自民いずこに

2011/09/19

再生へ正しき野党たれ

 野田佳彦首相の所信表明演説の際の野党自民党席からの野次のひどさにはあきれるしかなかった。自民党はどこにいて何をしようとしているのか。いまの自民党はどんどん悪い野党になっているようにしか見えない。

 谷垣禎一総裁は「一刻も早く解散・総選挙に追い込むという方針は微塵(みじん)も揺るがない」と力を込める。まずこれが理解できない。野田首相は解散しない、と断言しているし、おそらく本心でそう考えているだろう。再来年夏の衆参ダブル選挙という見方が有力だし、敗色濃厚な状態で解散などするはずがない。菅直人首相ならあり得たかもしれないが、慎重居士の野田氏はそんなことをするはずがない。つまり自民党はあり得ないことをあるかのごとく考えているのだ。一刻も早く総選挙に勝って政権を取り戻したいという心情はわかるが、それならば、菅首相時代に退陣に追い込むのではなく、解散へと誘導する方が得だったのではないか。第一、自民党が勝つ可能性はそれほど高くない。野田政権になって、ぐんと下がったと見るべきだろう。

 野田政権発足時、自民党は「臨時国会をわずか4日で終わらそうとするのはけしからん」と息巻き、大幅な会期を要求した。会期が決定したのちには延長を要求し、形の上では与党に延長を認めさせることに成功した。野党自民党は勝ったのか。否、である。民主党はいささか格好が悪いものの、何一つ、損はしていない。百戦錬磨の輿石東幹事長は、最後に延長をのむ腹だな、と見ていたらその通りになった。自民党は上げた拳を降ろすところがなくなってしまった。

 震災復興には政党の区別などない、協力する、といいながら、自民党はむしろ邪魔をしようとしているとしか思えない。危機管理や災害への対応、官僚機構の使い方、あるいは対米関係の経験等、必要と思われることを“未熟な”野田政権にアドバイスしてやるぐらいの寛大な気持ちになぜなれないのか。それが、この国難にあたっての正しい野党の姿勢ではないだろうか。ところが、自民党は衆議院も参議院も内紛の真っ盛りである。役員の任期は切れているのだが、決めきれずに、民主党新政権の出方を見る、という理由で月末まで先送りした。大島理森副総裁と逢沢一郎国会対策委員長の去就が注目点だという。大島副総裁は民主党の仙谷由人氏らと大連立工作をしたから、また逢沢国対委員長は野田首相と松下政経塾1期生同士で仲が良すぎるのが具合悪いということらしい。

 参議院もまた大もめである。小坂憲次幹事長の更迭を要求するベテラン組と、それに反発する若手との世代間戦争も激しさを増している。谷垣総裁の任期は来年9月までであと1年。野田代表の任期も菅代表の任期の残りの分だからやはり来年9月までの1年である。谷垣氏が政権奪還を目指すには、1年後に総裁に再選されなければならない。野田首相も来年の代表選では強敵とぶつかる可能性が高い。岡田克也前幹事長や前原誠司政調会長、ひょっとすれば裁判でシロという結論が出れば、小沢一郎氏も出馬することになるかもしれない。

 福島第一原発の放射線量を抑え込む展望もないのに、政治はいつもの、いやいつもよりくだらない争いに現(うつつ)を抜かしている。原発や震災復興ばかりでなく、経済も大変な状況である。ギリシャから始まった欧州の金融危機は、世界を震撼(しんかん)させている。欧州市場ではドルが不足し、欧州の金融機関は一斉にアジアに貸し付けた資金回収に入っている。早晩、アジア各国は自国通貨防衛に入らなければならなくなり、過去に経験のないような深刻なアジア金融危機につながる恐れが出てきた。危機がグローバルに広がっているのに、日本だけは自国の経済しか眼中にない。世界のマクロ経済政策の軸はどの国も金融だが、日本だけは財政主導で、財源や増税の話ばかりなのである。

 かつて大蔵省の権限を削減するために「財政・金融分離」を野党時代の民主党がしきりに要求した。大蔵省を財務省と呼び変え、金融を切り離した結果、大蔵省の力は前より増して、半面、金融がないがしろにされるようになってしまった。だから、日本にはいま金融政策がない。世界はそういう日本を相手にせず、ひたすら自国が「日本化」しないようつとめているのである。今の時期に選挙に勝つことしか考えていない自民党なら、存在する意味がないし、永遠に政権は取り戻せないだろう。

(政治ジャーナリスト、日本経済新聞客員コラムニスト)

47CLUB(よんななクラブ)

47CLUB
全国の良質な品々を厳選してお届け

盆栽

盆栽
産地香川から盆栽文化をお届け

オンラインショップ情報

ショップ情報
オススメの買い物サイトをご紹介

讃岐囲碁サロン

讃岐囲碁サロン
ネットで世界の囲碁ファンと対局!

みみより新聞

みみより新聞
視覚障害者向けニュースサイト

住宅展示場情報

住宅展示場
家造りに関する情報盛りだくさん

健康新聞

健康新聞
元気な暮らしに役立つ情報を紹介

ちょこっと広告・パネット

パネット
四国新聞を伝言板として使おう!

求人情報紙・ジョブ

ジョブ
週刊発行!チラシタイプの求人情報

おりーぶ通信

おりーぶ通信
女性通信員のページ

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.